Posted in ブログ

【必見】絶対に読者の興味を引く5つの方法

【必見】絶対に読者の興味を引く5つの方法 Posted on 2017年8月5日Leave a comment

あなたのブログのタイトルのつけ方は間違っていませんか?

ブログのタイトルはとても重要です。タイトルで読者は見るか見ないか判断します。

タイトルの重要性

タイトルはどの程度重要だと思いますか?

タイトルは記事以上に重要になってきます。

ツイッターなどのSNSではタイトルのみ表示されるので、タイトルが読者の興味を引かないとどんなにいい記事を書いても見てもらえません。

記事を読まれないことには始まりません。

ではどんなタイトルにすればいいのでしょうか?

タイトルに具体的な数字を入れる

タイトルに数字を入れましょう。

タイトルに数字を入れるのと入れないのでは説得力が桁違いです。

実際に書籍や雑誌などでも数字を入れた方が見てくれる人や買ってくれる人が多いと言われています。

例えば

「一ヶ月で痩せる方法」と「一ヶ月で5キロ痩せる方法」だったらどちらを見ますか?

「一ヶ月で5キロ痩せる方法」を見る人がほとんどだと思います。

しかし気をつける点としてタイトルに数字を入れる際は根拠のある数字を入れ、適当な数字は入れないようにしましょう。

適当な数字を入れると読者からの信頼を失ってしまいます。

タイトルに「〜の理由」または「〜の方法」を入れる

タイトルに「〜の理由」などを入れると読者の興味を引くことが多いです。

例えばこの記事でも「〜の方法」と付いていますよね。

ブログのタイトルをどういったものにすればいいのか、またタイトルを付ける際にどういった事に気を付ければいいのか知りたいからこのブログをクリックしたと思います。

しかし使いすぎると「〜の理由」や「〜の方法」ばかりになってしまいリピーターを飽きさせてしまうので、頻繁には使わないようにしましょう。

タイトルに読者の気にしていることを入れる

 

タイトルに読者がコンプレックスに思っていることを入れると読者の目を引くことができます。

例えばサラリーマンがこんな記事を目にしたとしましょう。

「あなたは今のサラリーマン生活をこの先30年も続けるつもりですか?」

サラリーマン生活が楽しいと思う方はスルーすることもあるかもしれませんが、脱サラしたい人やサラリーマン生活で疲弊しきっている人には目が止まることでしょう。

流行りに乗ったタイトルにする

流行りの言葉キャッチフレーズを取り入れたタイトルも読者の目を引くことができます。

流行りの言葉は検索されることも多いため検索エンジンからはもちろん、ツイッターなどのソーシャルメディアからの読者も取り込むことができます。

しかし流行りもずっと続くわけではないため、流行りが去ってしまうと読者からの閲覧も減ってしまいます。

内容と合っているタイトルにする

内容とタイトルはマッチしているように必ずしましょう。

あなたもタイトルに惹かれて記事を開いたのに内容が全く違っていたらそのページは閉じますよね。

読者からしたらマイナス印象しか与えず、こちらにもメリットがないので気をつけるようにしましょう。

読者がページに留まった時間もCEOに関係してくるので最後まで読んでくれるように心がけましょう。

 

本記事で紹介した5つのことを意識してタイトルをつけるようにしましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です