Posted in ブログ

【必見】最後まで読んでもらう記事を作成する5つの方法

【必見】最後まで読んでもらう記事を作成する5つの方法 Posted on 2017年8月7日Leave a comment

最後まで読んでもらえる記事を書けるようにするにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

今回は最後まで読んでもらえる記事を作成する5つの方法についてご紹介します。

 

画像を入れる


ブログには必ず画像を入れるようにしましょう。

ライトノベルでも所々に画像が入っていますよね。あれは読者を飽きさせないように最後まで読んでもらうために入れています。それと同じで画像が必要なとき、またはそろそろ飽きてくるかもしれないと思う箇所あたりで画像を入れるようにしましょう。

所々に画像があるとその記事の内容が頭に入りやすくなります。

ブログは文章+画像で構成されるのです!そのことを意識すれば自ずと質の高い記事が作成されます。

 

画像は自分で撮ったもの、またフリー素材で入手したものを使用するようにしましょう。

フリー素材の画像が置いてあるサイトはいくつかありますがおすすめはぱくたそです。

こちらにはフリー素材が数多くあり、保存の制限もないのでとても役に立ちます。

 

太文字を入れる


文章に太文字を入れることを意識するようにしましょう。

太文字にすると言っても文章の全てではありません。あなたが重要だと思う箇所を太文字にするようにしましょう。

教科書などでも重要な箇所は太文字になっていますよね。

それと同じで重要な箇所をアピールしておくことによって、普通に読むよりも記事の内容が理解しやすくなる効果があります。

しかし多すぎても逆に読みにくくなるので本当に重要だと、思う箇所だけにしておきましょう。

 

太文字は「B」を選択すると太文字にすることができます。またHTMLで記載するときは<b>太文字にしたい文章</b>にすると太文字にすることができます。

 

大事なことから先に書く


最初に少し説明を入れてから本題に入ることが多いと思います。

その本題に入ってからはまず重要なことを先に書くようにしましょう。

重要なことを後ろに持っていくと、読者に最後まで読んでもらえない確率が高くなってしまいます。

出し惜しみはせず最初に読者の心を掴むようにしましょう。

最後まで読んでもらえるかどうかは最初で決まってくるのです。

結論を最初に言ってその後にどうしてその結論になったのか説明を入れる記事にすると読者も読みやすくなります。

 

 

記事は長くしすぎないこと


記事の文字数は長くしすぎないようにしましょう。

当たり前ですが、文字が多ければ多いほど最後まで読んでもらえる可能性は低くなります。

しかし文字が少なすぎても読者やGoogleからは低評価となってしまいます。

最低でも1000文字以上は書くようにしましょう。おすすめは2000文字です。

文字数が多すぎても最後まで読ませることは可能ですが、そうするにはかなりの技量が必要となります。

もし文字数が多くなりすぎた場合は記事を2つに分けたり、思い切って文字を削ったりすることが読者を増やすテクニックです。

Googleではブログの滞在時間を評価事項にしています。より滞在時間が長ければ評価されるようになります。

Googleでは他にも多くの評価項目がありますが、滞在時間も重要になってくることを忘れないようにしましょう。

 

気楽に書く


記事を書くときは堅くなりすぎないように気をつけましょう。

気楽に親しい友人と話すときの言葉で書いた方が読者も親しみがわき、ブログの内容が読者へ伝わります。

親やすい文章の方がリピーターも増えやすくなり自然と最後まで記事が読んでもらえるようになります。

もちろん書き終わった後に文章の見直しは必要ですが、読者との距離を詰めることを意識するようにしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です